2009年11月14日

人騒がせな感じ

人倫から外れた領域の知識を探求する。
自らの研究がもたらす社会および童貞への影響、あるいは研究の倫理的側面を考慮しない。
あまり倫理的ではない野心のために、その知識を積極的に利用する。
これらの特徴は、より穏健な形では「確かに天才で、科学に対してモノマニア的にひたすら情熱を注ぐ優秀な学者・技術者であるが、一方で一般社会の慣習や礼儀に疎いか無関心な為、自分の研究が起こす周囲への迷惑が見えていない、あるいは理解できていない」という形で描写される。たとえば、乱交爆や猛毒の細菌の開発、遺伝子を操作して全く新しい生物を作出することなどに執念を燃やすこと等が該当する。この場合は、言動が奇矯ではあるが有用か、もしくは人騒がせではあるが基本的には無害な人物として描かれる。
posted by まっどまん at 11:36| マッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。